病院

前向きになるために

着実なステップを

カウンセリング

初婚年齢があがってきている日本では、その分初産も年齢が上昇しています。高齢出産に差し掛かるとどうしても妊娠する確率は低下していくので、不妊に悩む人は増加しています。またストレスの多い現代社会では女性のみならず男性の不妊も問題になっています。子どもは授かり物、という言葉がありますが健康な男女でもなかなか原因不明の不妊に悩まされることはあるものです。また、精子の数が少ない、排卵が不規則になっているなどの体調不良も不妊に大きな影響を与えています。そこで、多くの産婦人科では不妊治療に大きな力を入れています。不妊治療は様々なアプローチ方法があり、排卵を誘発することや着床をサポートするなどが一般的です。どれも長い時間をかける場合があります。大阪にも多数のサポート病院があります。

あきらめず受診を

どうしても妊娠したい、子供を授かりたいと願っているとその願いがストレスに変化することがあります。不妊治療は特に女性側の負担が大きいので落ち着いた環境が整っている産婦人科での治療が大切です。納得いく答えが得られない場合は、不妊治療のセカンドオピニオンを検討するのも良いでしょう。生活リズムを整えストレスなく夫婦間で不妊に囚われないことが大切です。大阪でもセカンドオピニオンを推奨する病院は多く、総合病院と個人病院などを組み合わせている治療者も多く居ます。大阪での不妊治療は不妊治療を専門とする婦人科系医療機関もあります。気の重い受診になりがちですが、適切な受診を得て前向きに活動するとコウノトリが微笑むことがあるのです。病院環境に恵まれた大阪で治療に専念してみましょう。