医者

妊活の努力に欠かせない

相談

大阪で不妊治療を受ける時はパートナーと一緒に治療に望める病院を探してみましょう。それにより夫婦の心理的負担を分け合うことができます。不妊治療で選択できる方法は病院ごとに異なります。大阪で病院に通う前に確認が欠かせません。

詳細を確認する...

前向きになるために

カウンセリング

大阪には多数の不妊治療を得意とする医療機関があります。気がおもい受診になりがちですが、落ち着いた環境で前向きに活動することが大切です。コウノトリに出会える日は案外すぐそこかもしれないので、セカンドオピニオンも検討しましょう。

詳細を確認する...

病院で検査をする

笑顔

大阪には、有名な婦人科の病院があり、産科と婦人科の待合室を分けていたり、配慮もあることから、多くの人が利用しています。助成金を利用しての検査でも、腕の良い医師に診てもらった方が良いので、大阪の病院を選ぶと安心です。

詳細を確認する...

筋腫の対応方法

不快な症状はありますか

夫婦

子宮筋腫は子宮に発生する良性の腫瘍です。子宮筋腫があるだけで特に不快な症状がなければ、経過観察のみで特に治療の必要はありません。しかし、子宮筋腫があることで月経の経血が増えて貧血になったり、成長した筋腫のせいで腰痛が発生したり、もしくは筋腫が膀胱を圧迫して頻尿になったり、などといった症状が現れることがあります。このような場合は治療が必要となります。子宮筋腫の主な治療は手術によって筋腫を摘出することです。手術の場合は、子宮を温存して筋腫のみを摘出する方法と、筋腫も含めて子宮全体を摘出する方法があります。どちらの方法を選択するかは、今後の妊娠を希望するかや、年齢、筋腫の大きさや数などによって決定します。

できた場所が問題です

子宮筋腫の症状の現れ方は、筋腫のできた場所と、筋腫の大きさ、筋腫の数によって異なります。子宮の内側の粘膜にできる筋腫は直径1、2センチで月経時の経血が増えたり、ひどい生理痛があるなどの症状が出ることがあります。こういった場合は、小さな筋腫であっても手術して摘出することになります。また、子宮の外側にできる筋腫の場合は、大きくなってもあまり症状が現れないことが多いです。子宮の外側にできると、直径10センチを超える大きな筋腫であっても症状がないことも多く、手術せずに経過観察とされてえいる方も多くいらっしゃいます。なお、子宮筋腫の手術の適応となるのは、直径5センチくらいからです。小さな筋腫だと子宮を残して筋腫のみの摘出ができますが、大きな筋腫になると子宮全摘出であったり、大きな手術となります。どの時点で手術するかはとても大きな問題です。